気になる話題をゆる~く届けるブログ

最新ニュースや気になる話題をマイペースでお届けしています

*

夫にストレスを感じている奥さま必見!ストレスの原因とその対処方法3つ

      2017/06/23

大好きで結婚した相手なのに、今ではそばにいるだけでも憂鬱…
旦那さんに対して、こんな悩みを抱えている奥さまはいらっしゃいませんか?

それ、もしかしたら『主人在宅ストレス症候群』かもしれませんよ?

今回は、旦那さんにイライラしたりストレスを感じる原因や対処法を紹介していきます。




主人在宅ストレス症候群とは

仕事一筋・無趣味だった夫が定年退職するなどして仕事がなくなり、その結果1日中在宅するようになって、妻を束縛すると、大変なストレスを感じるようになることが多い。特に団塊の世代が定年退職する2007年以降には深刻化すると言われている。長年、平日日中は主婦一人あるいは気心の知れた近所の来客との雑談といった生活が普通であった。しかし、夫の定年退職後は昼夜を分かたず束縛されて多くの病気を発症する。また、若い世代でもリストラされた夫がずっと家にいて妻を束縛する場合もある。

wikipediaより

ではどんな症状が出るのでしょうか?

精神面では、
「夫の在宅時や帰宅してくることを考えるとイライラする」
「強い不安感やゆううつ感を抱く」といったものが挙げられます。

身体面では、
「吐き気」「頭痛」「冷や汗」「食欲不振」「不眠」など、多岐にわたります。

また、うつ病や自律神経失調症といった病気に発展したり、もともと持っていた持病が急に重くなったり長引いたりといったこともおきる可能性があります。
 

どんな男性が妻にストレスを与えるか

ひと言で言ってしまうと、『世話を焼かせる男性』

もちろん中にはこのような男性が好きだという女性もいるでしょう。
しかし多くは、このような男性との生活にストレスを感じています。

例を上げると、
・妻の都合を考えずにリクエストや要求を行う
・自分は動かず妻になんでも指図する
・毎日食事の献立を聞く
・食事の時間がずれても後片づけを自分でしない、又は手伝わない
・入浴の準備(タオルや下着・パジャマなどの用意)を妻にさせる

「えっ?こんなことが」と思われそうですが、これらが毎日のことになると考えれば…
結構憂鬱になってきます。

また、
「自分は外で働いているから家のことはしなくていい」
「家事は妻の仕事」
「妻は仕事をせず家にいるべき」
といった価値観や要求を妻に押しつける男性も大きなストレスになります。
 

どんな対処法があるか

楽しみや趣味を見つける

楽しいことや夢中になれる趣味などがあると、ストレスを感じにくくなります。

夫に邪魔をされたらどうしよう…と心配する女性もいらっしゃいます。
そんな時は、「夫も誘ってみる」という方法もおすすめ。
一緒に楽しめるようになれば、気持ちもかなり楽になっていきます。
 

夫にお願いをしてみる

夫にも家事や育児を手伝ってもらえないかお願いしてみましょう。

お願いする内容は、
「食べ終わったら流しに置いておいてね」
「ゴミ出しをお願いします」など、小さなことからはじめてみましょう。

もちろん応じてもらえそうな状況かどうかを判断してくださいね。

応じてくれたら「ありがとう、すごく助かった!」と、感謝の気持ちをしっかり伝えることも大事です。
 

嫌いなんだから仕方ないと開き直る

夫が嫌い、ということがバレないよう気を使ったり、嫌いなことを認められないことも大きなストレスになります。

それならばいっそ、「夫のことが嫌いなんだから仕方ない」と開き直ってみてはいかがでしょうか。

その結果、生活を改善するのか夫婦関係を解消するのかは人それぞれ。
大事なのは「自分が少しでも楽になること」です。
 

まとめて

今回は主人在宅ストレス症候群についてまとめてみました。

日々の生活に追われていると、付き合っていた頃に比べ会話も減り、スキンシップも無くなりがちです。
そんな時間のすれ違いがこのような結果になることも考えられます。

イライラしたりストレスを感じていても、まずは夫婦間のコミュニケーションを取るようにしてみてはいかがでしょうか?

他愛ない会話を続けることで、意外と双方の誤解だったなんてこともあるかもしれませんよ?
 

 




 - 恋愛・結婚, 生活 ストレス, 夫婦