気になる話題をゆる~く届けるブログ

最新ニュースや気になる話題をマイペースでお届けしています

*

ヘアケアの新常識?湯シャンのみでツヤ髪になれる、「ノープー」とは?

      2017/06/22

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

美しい髪には誰もが憧れますね。

シャンプーやトリートメント、ブローやヘアクリームetc‥
様々な努力をしてきた方も多いのではないでしょうか?

そんなヘアケアに、いま新しい常識が生まれています。

その名は「ノープー」

ご存知ですか?

これは湯シャンのみで、シャンプーを使わない洗髪方法のことです。

「ノープー」⇒ノーシャンプーですね。

さて効果のほどは?

今回の話題はヘアケアの新常識「ノープー」のお話しです。
 




 

ノープーの効果とは?

ノープーはアメリカのヘアスタイリストが考案した湯シャン方法で、海外セレブも取り入れている方法だと言われています。
ちょっと不安を感じますが、頭皮や髪に大きな効果をもたらしてくれると評判なんだそうですよ。
 

抜け毛予防に効果

毎日お風呂で髪を洗うと、どうしても抜け毛が気になります。

「清潔にしているのに何で!」

と思ったりしたことありませんか?

実は普段のシャンプーは強力に汚れを洗浄しています。
髪へのダメージは少なからずかかっているんですね。

しかし、湯シャンのノープーは髪への負担が少なく済みます。
結果、髪へのダメージも少なくなり、薄毛のリスクも下がるというわけなんです。

サラサラヘアに

シャンプーの洗浄力は、髪自体へのダメージも招きます。
必要な皮脂まで根こそぎ流してしまうと、皮脂のサイクルが乱れてしまいます。

ですが湯シャンならそんな心配はなく、余分な皮脂だけを浮かせて洗い流すことができるんですね。

そのため、ノープーでも健康的なサラサラヘアが手に入れられます。
 

べたつかない

夜、しっかり洗ったずなのに、目が覚めると髪がべたつく感じが…
こんな経験ありませんか?

その原因は、しっかりやりすぎたシャンプーです。

シャンプーは洗浄成分が強いので、必要な皮脂まで落としてしまいます。
結果、体は皮脂を出さなきゃ、出さなきゃ!と活動。

皮脂が過剰に分泌され、髪や頭皮がべたつく原因になってしまうのです。

 

また皮脂の分泌は頭皮の不快な臭いにもつながります。
余分な皮脂が落ちる心配のないノープーではそんなこともありません。

 

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%99%a2%e3%81%a7%e9%ab%aa%e3%82%92%e6%b4%97%e3%81%86%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

ノープーの手順は?

髪全体を流す

まずはしっかりとお湯で髪を洗いましょう。
湯シャンの温度はぬるま湯の38度くらいが適温とのこと。
 
シャンプーのつもりで、つい短時間で済ませてしまいそうになりますがしっかり洗いましょう。
 

頭皮をマッサージ

髪の汚れを十分に湯シャンで洗い流したら、今度は余分な皮脂を落としましょう。
ノープーの効果を引き出すには一番重要なポイントです。
 
まずじっくりと湯船に浸かり、頭皮の毛穴を開かせます。

お湯から上がったら、頭皮をマッサージしていきます。
指の腹やブラシを使って丁寧におこないましょう。

生え際、側頭部、後頭部から頭頂部といった順に、しっかりと10分くらいのマッサージがおすすめです。
 

すすぎも丁寧に

マッサージが終わったら、最後にすすぎをします。
湯シャンでもしっかりと浮き出した頭皮を洗い流すことが重要です。

マッサージをしたまま終わらせてしまうと、残っている皮脂がにおいや毛穴のつまり、炎症を引き起こす原因になるので注意しましょう。
 

乾燥させる

濡れた髪をしっかりと乾燥させましょう。
髪は濡れたままだと、汚れがつきやすくなってしまいます。
 

最初は週に2,3回から

最初は、全くシャンプーを使わないノープーに抵抗を感じる方もいると思います。
そんな方は、週に2、3回からノープーをはじめてみると良いでしょう。
 
湯シャンに慣れてきたら、徐々にノープーに変えていけばいいと思います。
はじめから無理は禁物ですね。
 

まとめて

お湯で髪を洗い流すだけのノープーのお話しはいかがでしたか?

シャンプーを全く使わないのですから、はじめは抵抗があるかもしれません。
ですが、湯シャンは驚きの美髪が手に入りますよ!

海外セレブも行っている最先端のヘアケア。
ぜひ1度お試しください☆

 




 - 美容 シャンプー, ヘアケア, 洗髪,